Posted on

シェービングによる処理には注意を

無駄毛の悩みから一日も早く解放されるためには、減毛作用のある方法で処理する必要があります。減毛を期待できない方法ですと、何年処理を続けても無駄毛が薄くなることはありません。無駄毛が生えていると肌がくすんで見えますし、体臭を強くする原因にもなります。無駄毛は衣服で隠せる部分と隠せない部分がありますし、普段は隠している人でもパートナーがいれば見られてしまうでしょう。無駄毛が濃いという理由で、ファッションの選択肢を狭められている人は大勢います。夏場は派手な水着を着たいけど、体毛が濃くて諦めている人は少なくありません。無駄毛の処理はシェービングによる方法がよく行われていますが、剃るという行為は肌にかなりのダメージを与えます。乾燥やかゆみ・炎症などを引き起こす原因になるので注意してください。シェービングで除毛する方法と比べて、毛根から処理する脱毛のほうが肌に優しいのが特徴です。

脱毛サロンやクリニックなら減毛可能

本格的に減毛できる無駄毛の処理方法は意外と少なく、脱毛サロンと脱毛クリニックの処理くらいです。家庭用脱毛マシンにも減毛作用はありますが、出力は業務用よりかなり弱く抑えられているので、ツルツルにするのは難しいです。脱毛サロンなら光脱毛によって、チクチクした無駄毛を目立たなくできます。脱毛クリニックはさらに減毛作用が高く、唯一永久脱毛ができる機関です。減毛を進めない以上は無駄毛が何度でも生えてきますので、今よりも減らすならサロンやクリニックを活用しましょう。クリニックは医療レーザーを使用するため、毛母細胞を破壊して再生を強力に抑えます。5~6回くらいの処理で自己処理が不要なレベルまで薄くなるのが普通です。

無駄毛処理と皮膚へのダメージ

家庭での無駄毛処理で注意したいのは、皮膚にかなりの刺激を与えてしまうことです。シェービングが肌に悪いことはよく知られていますが、ワックスや家庭用脱毛マシンによる脱毛に関しても同じです。脱毛は肌乾燥を招きますので、肌質を悪化させてしまう可能性があります。無駄毛をツルツルにするために自宅でシェービングや脱毛をしたら、肌質が乾燥肌に傾いたという人は少なくありません。皮膚にかゆみを感じるようになったら、敏感になっている証拠だと考えてください。あらゆる脱毛法で皮膚に最もダメージを与えるのは医療脱毛と言われていますが、医師や看護師などの医療資格者が担当しますし、万が一のアフターケアも徹底しています。そのため数ある無駄毛の処理方法で最も安全かつ確実性も高いといわれています。実際に医療レーザー脱毛を受けるようになり、肌質がプルプルに変化したという声は多いです。

医療脱毛は、医療機関でしか取り扱えない高機能機器を使って施術を行うもので、脱毛サロンに比べて、短期間で脱毛効果を実感する事ができます。