Posted on

バストアップには豊胸手術が効果的

バストアップに役立つサプリが販売されていますが、誰の目から見てもわかるレベルのサイズアップをさせるなら豊胸手術が必要です。人工乳腺を挿入する方法がよく行われていますが、ほかにもヒアルロン酸や脂肪を注入する方法もあります。可能であれば切開する豊胸手術が理想的で、これは半永久的に効果が持続するからです。一方でヒアルロン酸注入などは身体に吸収されるので、3年サイクル程度を目安に再手術を受ける必要があります。注入法はプチ整形として人気の切開しない豊胸手術ですが、長期的に見ると費用は高上がりになる傾向があります。

美容整形外科で豊胸手術を受けるときは技術力を重視してください。理想の形状に整えられること、十分な柔らかさがあること、動きやすさに問題がないこと、などが重要になります。高額な手術を受けたあとに後悔するほど辛いことはないでしょう。他院の修正手術を数多く経験しているクリニックは、高い技術を持っていることが多いです。

豊胸手術でコンプレックスを解消

バストのサイズにコンプレックスを感じている女性は少なくありません。女性は胸が大きくて当たり前、世の中の男性はみんな胸の大きな女性が好きという先入観を持っている人は多いです。コンプレックスの厄介なところは、解消しなければ一生引きずることです。常にバストのことが気になってしまい、男性にアプローチできないという女性は大勢います。コンプレックスは自分自身の可能性を狭めてしまうので、早めに解消させる必要があります。

バストアップをするうえで注意したいのは、大きくしすぎることです。大きいほどよいと考えている女性がいますが、違和感や肩こりなどが発生すると生活に支障が出てきます。適度な大きさに整えるためにも、医師と入念に打ち合わせをしたうえでサイズを決定してください。バストの形状やダウンタイム、傷跡なども考慮しておく必要があります。

バストのエイジングのために

豊胸手術でバストアップを実現すればバストエイジングが可能になります。バストが垂れ下がってくると、重力の影響でさらに下がっていくのです。若々しいハリのあるバストを実現するためには、早めに豊胸手術を受けて整えておく必要があります。加齢とともに形状が崩れてくると垂れやすくなるので注意してください。現在はヒアルロン酸注入による豊胸術など、ほとんど痛みを伴わない方法が登場しています。施術時間は30分以内で終わることが多く、美容院やサロンを利用するような感覚で気軽に受けられるのが魅力です。

プロテーゼ挿入やヒアルロン酸注入が一般的ですが、自分の脂肪を利用する脂肪注入法もあります。施術によって、特徴や値段、ダウンタイムが異なりますので、自分の理想のバストに近づく豊胸手術を選択しましょう